マズローの欲求段階説からビジネスモデルを考える

 

 

マズローの欲求段階説とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。近年では、6段階目に「自己超越」という概念が導入されています。

 

ビジネスとは、人の欲求を満たすものです。つまり、人の欲求に沿ったビジネスモデルを考えれば成功の確率が上がると考えることができます。

 

この記事では、マズローの欲求段階説(5段階)に沿って、ビジネスモデルを考えてみます。

 

 

 

マズローの欲求段階説とは?

マズローの欲求段階説とは、人の欲求の段階を示します。欲求の段階は下記のようになります。

 

 

簡単に説明をしますと、

 

1:生理的欲求

生命の維持に必要な欲求(食べ物、空気、住まい、睡眠、SEXなど本能的な欲求)

 

2:安全欲求

自分の身が危険にさらされていないこと。生活が予測可能であること。明日、クビになるかもしれない会社で仕事をしていれば、安全欲求は満たされていないことになります。

 

3:愛と所属の欲求

与える愛と受け取る愛で結ばれた信頼関係

 

4:承認欲求

自尊心と他者からの賞賛

 

5:自己実現欲求

「なれる可能性があるものになりたいという願望」

 

ただし、注意しないといけないのは、必ずしも欲求の段階を一段一段上がっていくものではありません。また、低次の欲求が満たされないと上位の欲求に進まないということでもありません。

 

極限状態で、自らの尊厳に気づく人がいるように、欲求には個人差があります。

 

 

 

欲求をビジネスに活かす

それぞれのニーズが満たされていない所にビジネスチャンスがあります。ひとつひとつの欲求について考えてみましょう。

 

モノがない時代では、食べ物にはじまり、衣服、家電、住宅という買い物で欲求を満たしてきました。他の人が持っているものを持っていないことが心苦しいので、どんどんモノが売れました。モノが満たされると、次は自分らしさを求めます。

 

自分らしさは、多種多様です。だからこそ、これまでになかったビジネスモデルを考えるヒントになるのです。

 

 

 

生理的欲求

 

生命の維持に必要な欲求が満たされていない人がいればビジネスになります。

 

生命の維持に必要なものとは、

・食べ物

・住居

・空気

・住まい

など。

 

こうした欲求が満たされていない人はいるでしょうか?

 

生理的欲求は、衣食に関して満たされていない人は、現在の日本では少なくなっています。しかし、依然として住まいのない人、仕事のない人はいます。

 

住まいのない人向けのビジネスモデルはシェアハウス。

 

全国に空き家が増えています。

 

空き家をリノベーションして賃貸にする『カリアゲ』は、築30年以上の物件をオーナー負担0円で賃借にするサービスです。

 

「改修費用がない」「入居者募集や管理が面倒」と空室のままになっている東京の空き家・築古物件をルーヴィスが借り受け、改修した後、一定期間転貸運営(=サブリース)するサービスになっています。

https://www.kariage.tokyo

 

 

仕事のない人向けには、農業とホームレスをつなぐサービスがあります。

 

「NPO農スクール」は、ホームレスや生活保護受給者、ニートの若者などが、“農”を通じ「食べること」「生きること」「働くこと」を見直すスクールです。

http://know-school.org

 

 

障がいをお持ちの方は、就職が困難になることがあります。

 

アイエスエフネットは、積極的に障がい者の方々を採用し、戦力化しています。

https://diversity.isfnet.co.jp

 

業績も好調です。

 

その理由は、

 

1:企業姿勢にファンが増える

 

2:他者への配慮が、利他の精神となり、顧客や取引先とのコミュニケーション力が高まり、サービスの質が向上している。

 

と考えられます。

 

他には、高齢者は生命の維持に必要な要素を自分で取り込むことができないこともあります。

 

ですから、介護ビジネスは需要が拡大すると考えられます。

 

一方で、介護業界は、人材不足です。人材不足を補うビジネスとしては、ロボット関連事業が有力でしょう。

 

また、障がい者自身がビジネスを立ち上げている例もあります。

 

ミライロの主力事業は、ユニバーサルマナー検定です。障害者だけでなく、高齢者やベビーカー利用者、LGBT、外国人など、多様な顧客に適切に対応できるように研修を実施しています。受講者の業種はホテルや飲食店など、接客業が多いようです。

http://www.mirairo.co.jp

 

 

安全欲求

 

安全で安心した生活が脅かされた時、人の安全欲求が高まります。特に、昨今はストレスを抱える人が増えています。

 

cotree(コトリー)は、病院に行くほどではなくても、心のケアを望んでいる人向けのサービスを展開しています。インターネットを活用することで、気軽に人に知られずに、カウンセリングを受けるサービスとなっています。

 

 

シニアビジネスでも、ニーズが多様化しています。

 

健康年齢にばらつきがあるので、シニアでも、3つのステージに分かれていると考えられます。

 

1:元気で活動ができる

2:動けるもののサポートが必要

3:サポートがないと動けない

 

1のステージでは、

健康で長生きがしたい

新しいライフスタイルを楽しみたい

社会に役立つことがしたい

 

 

2のステージでは、

サポートを受けながらも、これまでの生活を維持したい

 

3のステージでは、

住み慣れた自宅で生活がしたい

 

という欲求があります。

 

こうした欲求にビジネスチャンスがあります。

 

 

 

愛と所属の欲求

 

家賃の問題以外でもシェアハウスのニーズを換気することができます。

 

例えば、一人暮らしでペットを飼っている人は、出張や旅行などで家を空けにくくなります。そこで、HOUSE-ZOOでは、ペットと共生できるシェアハウスを展開しています。同居する人はペットが好きなので、安心して面倒を見てもらうことができます。

 

また、ペットを家族のように考える人が増えているので、ペット保険やペット信託というサービスもあります。

 

ペット信託は、信託監督人を置いて、飼育費が適正に使われているか、ペットがきちんと飼育されているか、チェックすることもできます。

 

 

 

承認欲求

 

SNSが広がっている理由は、承認欲求だと言われています。人間は社会的動物なので、他者と関わり、承認を受けたいという欲求があります。

 

一方で、会社に所属している人などは、顔出しができないこともあります。

 

「BitStar」では、顔出しができないユーチューバー向けにアバターによる動画配信システムを展開しています。

 

 

 

自己実現

 

人間の最終的な欲求は、自分らしい人生を送ることです。例えば、若かりし頃の体型に戻ることやスタイルをよくすることで、自己実現をサーポートしているのがライザップです。

 

ライザップでは、筋トレだけでなく、食事やメンタル面までマンツーマンで徹底サポートすることで確実に結果を出すビジネスモデルを展開しています。生活習慣も変わり、健康になることで、自己実現を目指す欲求にリーチしています。

 

 

「笑顔で働きたいママのフェスタ」。では、結婚や子育てで退社した女性がスキルを活かして社会復帰するサポートを行っています。

 

情報提供や起業のサポートもあるので、多くのママがイベントに参加しています。

 

 

 

まとめ

この記事では、マズローの欲求段階説に沿ったビジネスモデルについて考えてきました。人は欲求によって行動するので、ぜひ、御社のビジネスモデルを考える参考にしてください。

 

 

絶対に失敗しない経営術メール講座

社長のための失敗しない経営術メール講座を配信中

 

社内には、あなたの足元をすくう問題が山積しています。

しかし、会社で起こる問題は、共通しているパターンがあり、すでに、解決策も示されているのです。

 

このメール講座では、失敗しない経営をするために起こりうる問題と解決策を毎日お届けしています。

 

ただ今、3種の特典レポートプレゼント中

 

 

この記事の執筆者

別所諒
・社長の味方コンサルタント
・株式会社経営戦略パートナーズ代表取締役
・心理カウンセラー

著書
「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」

「がんばっても成果は出ない」

中小企業の2代目社長のサポーターとして、経営、マーケティング、組織開発の相談に乗っている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事